31光年先の可能性 新たに発見された惑星に「生命の存在」



それにしても31光年の距離は遠いですね……。




<関連する記事>



次々に見つかる系外惑星。「GJ 357 d」には液体の水が存在するかも 次々に見つかる系外惑星。「GJ 357 d」には液体の水が存在するかも
…だろうと予想されています。■GJ 357 dには液体の水が存在する可能性も注目は、GJ 357 dの温度です。GJ 357 dの公転軌道はハビタブルゾ…
(出典:科学(sorae 宇宙へのポータルサイト))

「生命存在可能な」惑星、31光年先の恒星系で発見 「生命存在可能な」惑星、31光年先の恒星系で発見
…ASAも発見を報告している。 特に興味深いのは、GJ 357から最も離れた位置にある惑星「GJ 357d」は生命が存在できる可能性があると、研究者らが…
(出典:科学(AFP=時事))

<関連する画像>




(出典 ufonews.su)

(出典 cdncz2.img.sputniknews.com)

<ツイッターの反応>


よっちゃん🌍ヨメ🔭@療養中
@orbit445

次々に見つかる系外惑星。「GJ 357 d」には液体の水が存在するかも(sorae 宇宙へのポータルサイト) - Y!ニュース https://t.co/WNuhHsMIkK #Yahooニュースアプリ

2019-08-02 12:47:52

(出典 @orbit445)

池袋 アナルBangBang
@AnalBangBang1

生命が生存できる可能性のある惑星を持つ恒星系が、天文学者の国際チームにより発見された。地球から31光年という、宇宙的観点からみると比較的近い位置にある赤色矮星(わいせい)「GJ 357」を公転する惑星が三つ発見されたという。空気が… https://t.co/aPVPIiThd9

2019-08-02 12:04:07

(出典 @AnalBangBang1)

ライブドアニュース
@livedoornews

1000RT:【研究】生存可能な惑星発見か 地球から31光年の距離https://t.co/9Jd3zm5GQU比較的近い位置の赤色矮星「GJ 357」を公転する3つの惑星を発見。そのうち1つに、水が液体で存在する可能性があるという。

2019-08-02 08:40:26

(出典 @livedoornews)