解体工事が着手 まるでナウシカに登場する「王蟲」


ナウシカの王蟲? 奇抜な外観の市民会館、老朽で解体へ - 朝日新聞
独特な外観で建築学的価値も高いとされる旧都城市民会館(宮崎県都城市)が解体される。池田宜永市長が5日、「老朽化が進み、安全管理上の問題などもあり、解体は ...
(出典:朝日新聞)


メタボリズムは、1959年に黒川紀章や菊竹清訓ら日本の若手建築家・都市計画家グループが開始した建築運動。新陳代謝(メタボリズム)からグループの名をとり、社会の変化や人口の成長に合わせて有機的に成長する都市や建築を提案した。 彼らの構想した将来の都市は、高度経済成長という当時の日本の人口増加圧力と都
5キロバイト (647 語) - 2018年12月4日 (火) 03:15


宮崎県都城市にある旧都城市民会館という建物が解体されることになった。

この建物は、1966年に故・菊竹清訓(きよのり)氏の設計のもと作られたもので、「メタボリズム」と呼ばれる建築運動の代表的な建造物の一つです。


セラミック刀が欠けちゃうことがないように解体されればいいですが笑






(出典 www.tokudalab.com)

(出典 pds.exblog.jp)

(出典 hirahira33.cocolog-nifty.com)

(出典 artexhibition.jp)

(出典 pds.exblog.jp)